東京23区外を知る「東京のB面」

駅前の本屋に並んでいた『東京23区外さんぽ』という新刊本の表紙に気になるフレーズがあった。

東京のB面。

最近では、もはや「B面」という言い方自体があまり聞かないレトロな言葉になっている。

僕が中学生の頃には、B面とは数曲が収録されたCDのときにシングル曲のカップリングのほうを指した言葉だった(元の由来はアナログレコードやカセットテープに遡る)。

売れるための曲(A面)ではないぶん、意外と良曲があったり遊び心が詰まっていたり、ファンにとっては、B面はB面の味わい深さがある。

この本は、東京の23区外の地域をまとめたエッセイ集で、一見するとちょっと地味に思われる23区外の地域を「東京のB面」と称していた。

B級グルメ、と言うように、必ずしもBだから劣っているのではなく、認知度も低く、高級感もないが、Bならではの味がある。

東京のB面も、知名度こそないが、その土地に特有の味がある、ということを表現しているのだろう。面白い言い回しだなと思う。

2018.12.21

0