立春の風

昨日は立春だった。暦の上で春が始まる日で、もう、「ぴったり」と言わんばかりに東京でも暖かい春の風が吹いた。

冬から春に移り変わるときは優しい風が第一報のように吹き、それからまたしばらくは冬のような寒さが続く。

徐々に春の風の吹く頻度が増えていき、気づいたら冬は溶けていなくなる。

そういえば、最近は「平成最後」という言葉を聞かなくなった。きっとほんとうに最後だからなんだろう。

2019.2.5

0