雀の冬

よく晴れた元日の朝、近所を散歩していたら雀たちの鳴き声が聴こえてきた。ほっとする。

雀は渡り鳥ではなく、冬でもこれまでと変わらない生活を送る。羽根を蓄えて冷たい冬の空気をしのぐ。そのため雀は夏に比べるとぷっくら太って見える。

夏と冬の雀を比較した写真を見ると、笑っちゃうくらいに膨らんでいて可愛い姿をしている。

また、冬になると雀は集団生活もするようになる。集団で暖をとって、みんなで餌を探す。雑食性で、木の実から虫、イネ科の植物、人間の残飯までなんでも食べる。

ただ、冬には餌も少なくなるので、多くの若い雀たちが冬を越えられずに亡くなってしまうそうだ。

彼らは渡り鳥として遠くに行ってしまうわけでもなく、冬眠するわけでもなく、今までと同じ場所にとどまり、命がけで越冬する。

東京では雀が激減している、という話もある。でも、僕の住んでいる街ではまだ雀が暮らしてくれている。

冬の乾いた空気が、雀の鳴き声に潤される。

2019.1.2

0