月別アーカイブ: 2018年9月

多摩川の土手沿いには、犬の散歩をしているひと、ランニングしているひと、楽器の練習をしているひと。

途中、不思議な風貌のおじさんがたくさんの鳩を籠から放ち、鳩たちはいっせいに羽ばたく。

鳩たちはどこを目指し、おじさんはなぜ鳩を放したのか。彼らはいずれ戻ってくるのか。

そんなことは僕は知らない。

僕はただ、ぼうっと立ち、弧を描くように羽ばたいていった鳩たちの姿を眺めていた。

2018.9.23

0

雨上がりの金木犀

風や花を意識するようになってから、思春期の頃の、あの懐かしい「消えたい」と出会えるようになった。

2018.9.23

0

祖父の庭

朝、歩きながらふと祖父のことを思い出した。

部屋にあった祖父の古びた本棚、窓の向こうに見えた、祖父が大切にしていた松の木のこと。

若かりし頃の祖父の記憶の光景が、自分の記憶と重なるようだった。

2018.9.19

0

水切り

夕焼けがうっすらと優しく、彼岸花が咲いている。咲河原では高校生たちが水切りをしていた。のどかな秋の一頁。

2018.9.18

0