月別アーカイブ: 2019年1月

東京は夜から雪

雨が降っている。でも、東京はこれから雪が降る予報。この冬はまだ雪を一度も見ていないので、せっかく寒いなら雪を見たいなと思う。

最近あった、少し悲しい話。

婚約をしていた友人が、結婚を目前にして別れることになった。

友人の側の話しか聞いていないというのもあって別れの原因を一言で表すというのは難しい。

ただ、嫌いになったから別れる、という単純なものでもなく、些細なずれが、ゆっくりと広がっていった。

もちろん、分かりやすい原因として、しばらく遠距離だった、というのはある。

愛情は触れ合って感じあえるものがいちばん大きいと思うし、不安を消し去るには抱き合うのが最良の薬だと思う。

でも、じゃあ、遠距離がなければいつまでも仲睦まじくいられたか、と言うと、遅かれ早かれ別れは訪れていたような気もする。

男女の別れは複雑。「避けられたかもしれない」と考えてしまうから余計に。

部屋で三人で会ったとき、彼女が、その友人のことを優しい目で見ている光景が記憶に残っているから、この決断はやはり寂しかった。

2019.1.31

0

鳥の巣

小田急線和泉多摩川駅の鳥のモニュメント。隣に立っている木には鳥の巣があった。

モニュメントが見守る親鳥にも見えるし、幼い雛を狙っているのかもしれない。鳥の神さまのようにも見える。

2019.1.19

 

 

0

命のこと

自分の死は、自分が薄れていくほどその周囲のひとの命になる。

苦しまずに逝ってほしいと願うのも、できるだけ延命したいと思うのも、もう本人のみの命ではなく、その境界線は薄らいでいく。

でも、きっと命というのは本来そういうものなんだと思う。

だから窮屈で、寂しくて、それゆえにときどき愛を感じられる。

2019.1.19

0

多摩川と富士山

夕暮れどきの多摩川の向こうに見える富士山の写真。

2019.1.18

0