ミニバスの応援歌

ミニバスの応援歌

バスケのウインターカップの映像を見ていたら、「応援歌」と言うのだろうか、バスケ部の応援の音が無性に懐かしくなった。

僕も子供の頃はバスケ部に入っていた。小学校の頃のミニバスから、高校で学校を辞めるまで続けた。

ベンチにいたときには、試合中ペットボトルをぽこぽこと叩いて応援し、試合に出ているときには仲間の応援歌に気分が盛り上がった。

応援のバリエーションもたくさんあった。

ミニバス時代なら、試合開始のジャンプボールのとき、手拍子をしながら、「飛べ飛べー、飛べ飛べー、飛んでみろー、◯◯(名前)」。

ゴールを決めたときは、「ナイッシュー、いいぞ、いいぞ、◯◯、いいぞいいぞ◯◯、いいぞいいぞ◯◯、ホイホイホイホイ」。

ミニバスだと鳴り物応援は行わず、手拍子が主だった。

文章だと伝わりづらいが、中学時代になるともうちょっと迫力が増す。ジャンプボールのときは、「飛べっ飛べっ飛べっ、飛べ飛べ高く、飛べっ飛べっ飛べ飛べー!」。

相手からファウルを受けたときは、「いて、いて、いてててて!」、前後半の残り三分くらいになると始まる歌で、「燃えろ、燃えろ、燃えろ◯◯」という応援歌もあった。

応援で使うアイテムも、空のペットボトルやメガホンの他、太鼓をテンポよく叩き鳴らす学校もあった。

楽器の類は使わず、足踏みと手拍子で「ズンズンチャッ、ズンズンチャッ」と音を鳴らす、NBA風の応援も格好よかった。

どうやらあれはQueenの『We Will Rock You』だったようだ。歌の部分がなかったので知らなかった。

バッシュで床を踏み鳴らし、重低音がコートまで響いた。体育館という限られた空間なので、音もよく響く。

応援歌だけでなく、キュッキュッというバッシュの音やドリブルのときにボールが地面をつく音、シュートの際に外れてリングに弾かれる音、ネットに吸い込まれる音、一瞬訪れる静寂、こうした音のメリハリやリズムが、バスケの醍醐味でもあり、音楽的な側面なのだと思う。

部員の数は学校や地域によっても全く違うので、名門や強豪と呼ばれるチームは物凄い数の部員たちの熱い想いが体育館を覆い尽くす。

思い出深いのは、県大会のベスト4をかけた試合で、ベスト4の常連校と対戦したときのことだ。

僕たちの学校はベンチに部員が全員入っていたのに対し、相手の学校はベンチ外の選手も大勢二階席に溢れ、太鼓とメガホンと野太い声の応援が上から覆いかぶさるように降ってきた。

これが強豪校だ。常連校なんだ。思わずこわばった笑みが零れた。

体格差や実力差以上に、その応援に飲み込まれた。

試合中のことはほとんど覚えていない。試合開始のときに突然鳴り響いた応援歌に空気が震えた、その瞬間だけが鮮明に記憶に残っている。

ウインターカップの応援の様子を見て、ふとそんなことを思い出した。

2018.12.28

0