バンクシーと登戸

バンクシーと登戸

神奈川の川崎市登戸で起きた事件の現場には、今も少しだけ手向けられた花が残り、フェンスに掛かった掲示板には、この場所にあった他の多くの花はカリタス学園に届けられたという旨の言葉がある。

事件当時は建設途中だった現場前の建物はほとんど完成し、止まったままの時間と、進んでいる時間が交錯していた。

現場付近を歩いていたら、裏通りの柱に、ふとバンクシーのような絵を見つけた。東京でのバンクシー騒動以来、全国で彼の作風を模した絵が増えているのだろうか。

バンクシーは、芸術の力を使って世界をほんの少し優しいものにする。ロンドンを中心に活動し、未だ正体は不明。

世界のあらゆる場所にふいに現れ、絵を描き、誰にも知られず去っていく。

バンクシーについてそれほど多くを知っているわけではないが、イギリスに留学していた友人からお土産でもらった画集を一つだけ持っている。

バンクシーは、たとえば火炎瓶を投げようとする少年の絵を描き、その少年の手に花束を持たせるなど、平和への想いを絵に込める。

作品に強いメッセージ性を込めるアーティストなので、東京で見つかった“バンクシーの作品”(カバンらしきものを持って黒い傘を差したネズミの絵)が、もし仮に本物なら、一体どんなメッセージが込められていたのだろう。

東京で描かれたことに、果たして意味があるのだろうか。絵そのもの以上に、ほんとうはそれが大事なのだと思う。

ちなみに、この登戸にあったバンクシー風の絵の一つには、英語で文字が添えられていた。バンクシーの絵にも赤字で添えられる作品があるので、その影響なのかもしれない。

WHY PILLAR HERE?(なぜここに柱?)

柱の影で、血のついた鎌のような刃物を持ったネズミのような生き物が隠れている。柱の影から狙っている、といった意味合いなのだろうか。

どのタイミングで描かれた絵なのかは分からないが、もし事件後だとすれば、正直ちょっと悪趣味な気がする。

2019.7.12

0