日々」タグアーカイブ

バンクシーと登戸

バンクシーと登戸

神奈川の川崎市登戸で起きた事件の現場には、今も少しだけ手向けられた花が残り、フェンスに掛かった掲示板には、この場所にあった他の多くの花はカリタス学園に届けられたという旨の言葉がある。

事件当時は建設途中だった現場前の建物はほとんど完成し、止まったままの時間と、進んでいる時間が交錯していた。

現場付近を歩いていたら、裏通りの柱に、ふとバンクシーのような絵を見つけた。東京でのバンクシー騒動以来、全国で彼の作風を模した絵が増えているのだろうか。

バンクシーは、芸術の力を使って世界をほんの少し優しいものにする。ロンドンを中心に活動し、未だ正体は不明。

世界のあらゆる場所にふいに現れ、絵を描き、誰にも知られず去っていく。

バンクシーについてそれほど多くを知っているわけではないが、イギリスに留学していた友人からお土産でもらった画集を一つだけ持っている。

バンクシーは、たとえば火炎瓶を投げようとする少年の絵を描き、その少年の手に花束を持たせるなど、平和への想いを絵に込める。

作品に強いメッセージ性を込めるアーティストなので、東京で見つかった“バンクシーの作品”(カバンらしきものを持って黒い傘を差したネズミの絵)が、もし仮に本物なら、一体どんなメッセージが込められていたのだろう。

東京で描かれたことに、果たして意味があるのだろうか。絵そのもの以上に、ほんとうはそれが大事なのだと思う。

ちなみに、この登戸にあったバンクシー風の絵の一つには、英語で文字が添えられていた。バンクシーの絵にも赤字で添えられる作品があるので、その影響なのかもしれない。

WHY PILLAR HERE?(なぜここに柱?)

柱の影で、血のついた鎌のような刃物を持ったネズミのような生き物が隠れている。柱の影から狙っている、といった意味合いなのだろうか。

どのタイミングで描かれた絵なのかは分からないが、もし事件後だとすれば、正直ちょっと悪趣味な気がする。

2019.7.12

0

キッチンの電球

最近、キッチンの電球がずっと切れていた。

別にそれほど明るい必要もないので特に気にしてもいなかったが、タンスに電球が余っていたのを思い出し、新しい電球を取り付けようと、身長よりも少し高い位置にある電球に手を伸ばしたとき、思わず手が滑って電球が手元から零れ落ちそうに。

危ない、と反射的にもう一度つかもうとしたものの、結局、床に思いっきり落としてしまった。つんざくような音を立て、冷蔵庫の前に破片が散らばった。

僕はガラスの割れる音が苦手で、しばらくキッチンの前で立ち尽くし、心の平穏がおとずれるのを待った。そして、どうしようかな、と考えた。

ひとまず箒で一箇所に集めよう。

細かい破片から大型の破片、中身の電気がつく部分まで一同が冷蔵庫前に集合。それから指で拾える破片は拾い、次にちりとりで片付けようと思ったが、ちりとりが見つからない。

どうしよう。またぼんやりと考えた。

そうだ。

部屋の隅にあった使用済みの段ボールの端の表面を破り、鋭利にしたあと、両サイドを折り曲げてちりとりのような形にした。

段ボール製のちりとりに箒で破片を掃き入れ、残った部分をガムテープで貼り付けるようにして取り、最後に掃除機をかけて一件落着。

ふうと一息。それからトイレに入ろうと電気をつけたら、トイレの電球も切れた。

2019.5.13

0

寒春

冬の続編のように寒い。

花冷えという言葉はあるし、この時期は多少寒くなるというのはあるが、これほど寒かったかな、というくらいの冷え込みが続く。

例年よりも暖かい冬は暖冬と言うが、寒春という言い方もあるのだろうか(寒春、調べると存在するらしい。「この春は寒春傾向にあります」なんて聞いたことはないが、れっきとした気象用語としてあるようだ)。

今日は、しばらくのあいだ東京で暮らしている母と少しだけ会った。

すっかり東京生活を楽しんでいるようで、自分の姉からもらったイヤリングを両耳につけ、イヤリングの先を指でちょんとつついて、「東京モード」と笑っていた。

一昨日は姉妹で目黒川の桜を見てから、自由が丘を散歩したと言う。

自由が丘はとても気に入ったようで、少しずつ東京の暮らしにも慣れてきたみたいでよかったなと思う。

それでも、やっぱり人の多さは疲れる、と言い、また人身事故の多さには眉をひそめていた。それから、東京で子育てをしているお母さんはたくましいね、と言った。一時間くらい話をした。

2019.3.29

0

美波「うち、メンヘラじゃないよ」by ツイキャス

最近よく聴いている歌手の一人に、美波という若いシンガーソングライターがいる。

本名なのだろうか、美波と書いて「みなみ」と読む。年齢は21歳で出身は埼玉県とのこと。

YouTubeでヨルシカの曲を流し、そのまま放っておいたら流れてきたのが美波の『ライラック』だった、というのが美波さんの曲を聴き始めたきっかけ。

若い突き抜けたメロディと声と歌詞が、切なくてかっこよかった。

美波『ライラック』

先日、『しゃべくり』に出演したフィギュアスケートの高橋大輔さんが、番組内でこの『ライラック』をおすすめしていたことでも話題になった。

美波さんが以前行なったツイキャスでは、多くのカバー曲も歌った。ツイキャスではカバー曲もよく歌う。RADWIMPSの『なんでもないや』や椎名林檎さんの『丸の内サディスティック』など、様々な曲をカバーしていた。

特に『丸の内サディスティック』がよかった(カバーアルバムも出してほしいなと思う)。

オリジナルソングを歌う前のトーク部分では、「悩む時期がたびたびあって」と言ったあとすぐ「うち、メンヘラじゃないよ」と言っていたのがなんだかちょっと面白かった。

2019.3.27

0

満月の夜、桜の開花

春分の日で、今夜は満月。東京では桜の開花宣言が行われた。

春の嵐のように風が吹き荒れていた。雨の予報だったものの、雨は降らず、暖かい春の風が吹いた。

昼に少しだけ両親と会った。

母の顔を久しぶりにちゃんと見て、ああ、年をとったな、と思った。

散歩でもいいから、動けるうちにちゃんとケアしないとだめだよ、と僕が言ったら、はいはい、と母は笑った。

父は移動で疲れたらしくベッドに横になっていた。

夜、イチローが最後の試合だった。ずっと好きな選手。『イチロー・インタビューズ』をよく読んだ。

イチローで思い出すのは、大学の卒業式。WBCの決勝の中継を友人のワンセグで、ときおり見ながら式に参加していた。

同じような学生も多かったらしく、イチローがあのタイムリーを打った瞬間、卒業式の会場がどよめいた。

そう言えば、あれも桜の季節だった。

2019.3.21

0